和歌山と長野の建築事務所アトリエ・アースワークのスタッフブログ

和歌山と長野・安曇野の建築事務所。 「人・街・家族に優しい家づくり」を大切に活動しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「けんちくcafe」スタートします!

こんにちは。
10月なのにまだまだ暑い…と思っていたら急に冷え込んできましたね。
みなさま体調にはお気をつけ下さい!

さて、本日は告知です!
実は今月、和歌山の建築家さんたちと共に少しづつ進めてまいりましたプロジェクトがスタートします!


その名も『けんちくcafe』


"建築って面白い!"
"住まうことは楽しい!"
そんな「けんちくファン」が和歌山に増えたら楽しいな…と立ち上げたプロジェクトです。

同じ思いを持った建築家である
"楽工舎"の中野さん、
"そらや"の小賀さん、
"SIMS建築設計"の島村さん
とともにスタートします。


パネル展や、建築相談会、作家さんたちとのコラボなどなど、今後やっていきたいことは盛り沢山!


まずは『けんちくcafe』〜和歌山建築番付〜ということで、
和歌山市の文具とカフェの店スイッチで、
和歌山の名建築をご紹介するトークイベントを開催します!

それぞれが独断と偏見で選んだ(笑)これこそは横綱!と考える和歌山の名建築をご紹介し、
最後にみなさんの投票で「和歌山建築番付」をつくろうという企画です。
みなさんにも身近なあの建物が名建築かもしれませんよ…!
そんな発見をして頂けるといいなあと思っています(^^)

第1部は10/31(木)20:00〜21:30
第2部は11/21(木)20:00〜21:30


参加費無料、ワンドリンク制です。

専門的な話や、難しい話はせず、
お茶を飲みながらゆるーく楽しめるイベントにしたいなと思っていますので、
少しでもご興味ある方はお気軽にぜひお越し下さい(^^)


お待ちしております♪


facebookにご登録されている方は、ぜひイベント参加にポチッと登録お願いします♪
けんちくcafeイベントページ→https://www.facebook.com/events/415895108510416/?ref_dashboard_filter=upcoming


けんちくcafe_vol.1

スポンサーサイト

第7回キッズデザイン賞 優秀賞・少子化担当大臣賞を受賞しました!

おはようございます!

今日は和歌山は久々の雨…。
最近雨がなかったので恵みの雨です。



さて、皆様にご報告です。
弊社が設計監理しました「有田市立そとはま保育所」が
『第7回キッズデザイン賞 優秀賞』『少子化担当大臣賞』を受賞しました!!


キッズデザイン賞とは、
子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン、創造性と未来を拓くデザイン、
そして、子ども達を産み育てやすいデザインを顕彰する制度です。
(第7回キッズデザイン賞official HPはコチラ)


今回優秀賞を頂いたのは8つある部門の内、「子どもの産み育て支援デザイン 地域・社会部門」
評価のポイントとなったのは

・多様な活用を想定した間仕切りのない大空間
・待機児童対策
・併設する地域子育てセンターの活用
・子育て系イベントの開催、活用

のようです。
建築的な評価はもちろん、実際に建物が子育て支援の場として有効利用されていることに
評価を頂きました。


各受賞作品の発表は昨日だったんですが、他の受賞作品をみてびっくり!!

誰もが知っている有名企業さんの名前がずらり(◎_◎;;)!

その中に「有田市/アトリエ・アースワーク」の文字が♪
田舎にある小さな建築事務所ですが、企業の規模に関わらず、
出来上がったモノに対して公平に評価して下さった事を嬉しく思います。

(第7回キッズデザイン賞上位受賞作品一覧はコチラ)


保育所の設計にチャンスをくれ、利活用して下さっている有田市の方々、
工事に携わって下さった全ての方々、
そして今保育所を楽しく、大切に利用してくれている
子どもたち、保護者の皆様、保育士さんたち、

本当にありがとうございました!!


この受賞をきっかけに、有田市の子育て環境がまた一歩前に進むチャンスになればと思います。

キッズデザイン授賞式

有田市立そとはま保育所ってどんな建物?
と、気になった方はアトリエ・アースワークのHPでご紹介しています♪

アトリエ・アースワークの3つのブログをご紹介!

こんにちは!
毎日暑い日が続きますが、夏バテなどされてませんでしょうか??

和歌山は暑さももちろんのこと、湿気がすごくてまいってしまいます。。
所長に長野の気温を聞きますと、
もちろん夏は暑いようなのですが、湿気が少ないので過ごし易く、また朝・夜は涼しいとのこと。
うらやましいですね!


さて、そんな長野県と和歌山県に事務所があるアトリエ・アースワークですが、
実はブログを3つを運営しております。


本日はそれらをご紹介!



一つ目はこちらのスタッフブログ。
これは和歌山officeのスタッフが管理しており、
主に事務所での出来事や、建物関係、それと事務所の最新ニュースを書かせて頂いています。
(皆様ご覧頂きありがとうございます!)


そして、所長が管理しています個人ブログ、
『Iターン建築家 山下和希です!!』

こちらは所長の日常を綴ったもので、
ちょっとした気づきや、出来事について書かれています。
どういった人柄なのか、よくわかるブログです(^^)


さらに、所長の奥様が安曇野officeからお届けしているのが
『♪長野移住計画♪〜安曇野に移住しちゃいました!〜』


和歌山から長野へ移住する前からスタートしているブログで、
長野への愛があふれたブログです(^^)
ブログを通してIターンを希望させる方々と出会ったり、とても人気ブログなんです!



実はこれら3つのブログのバナーを本日よりHPで公開させて頂きました。

Iターン建築家山下和希です!!

♪長野移住計画♪〜安曇野に移住しちゃいました!〜

和歌山と長野の建築事務所アトリエ・アースワークのスタッフブログ


よかったらこちらのブログものぞいて下さいね!

HPもすこしずつですが充実してきました。
アトリエ・アースワークのHPもよろしければご覧下さい♪

第7回キッズデザイン賞を受賞させていただきました!

先日、第7回キッズデザイン賞の発表が行われ、「有田市立そとはま保育所」が受賞させていただきました!

(キッズデザイン賞の詳細はコチラ→第7回キッズデザイン賞HP

建築・空間デザイン分野、地域・社会部門での受賞です。
公共の建物ということで、施主となる有田市と共同で応募させて頂きました。


そとはま保育所の設計は、プロポーザルからスタートしています。
プロポーザルとは複数の設計事務所から企画を提案してもらい、その中から企画・提案能力のある設計者を選ぶ方式のことで、価格の安さではなく、新しい保育所に対するよりよい提案を求められました。

こういった設計者の選定方式は有田市としては珍しい取り組みで、
それだけ新保育所の建設は、子育てしやすい街づくりへの期待と熱意がこもったものでありました。

第三者の視点からの評価が追い風となり、
ますます有田市の街づくりが盛り上がっていけばと思っています。

その中でも"子育てしやすい環境づくり"は、重要な柱のひとつだと考えますので、
キッズデザイン賞はぜひ受賞したい賞のひとつでした。


キッズデザイン賞は建物の用途や形だけでなく、
実際どのように使われているか、がひとつの焦点になります。
大切に保育所を使って下さっている保育士の方々や、
毎日楽しく駆け回っている園児のみんなのおかげです。

ありがとうございました!

blog_import_512b18a45b908.jpg

そとはま保育所の詳細はコチラから→アトリエ・アースワークHP「有田市立そとはま保育所」





「建築ジャーナル5月号」&「鉄鋼技術5月号」が届きました!

こんにちは!
今日和歌山は一日中雨が降り、寒かったりとパッとしないお天気です。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。


さて、今日事務所には鋼構造出版さまより「鉄鋼技術5月号」が届きました!
実はこの誌面、シリーズ「鉄のデザイン+α」の中で、
弊社設計の「有田市立そとはま保育所」がなんと11ページ(!!)に渡り取り上げて頂いております。

このページ数を見た時は、スタッフも驚きました(^^;)

このシリーズは一つの建物に対して
意匠設計者、構造設計者、施工者がそれぞれの立場から執筆したもの。
専門的な内容ですが、とても中身が濃く、
保育所への熱い思いがぎゅっと凝縮されています。

残念ながら「鉄鋼技術」は定期購読のみの販売になりますので、
一般の書店に並ぶ事はありませんが、
専門の方で購読されている方がいらっしゃれば、どうぞご覧下さい。


また、明日(5月1日)発売の「建築ジャーナル5月号」にも
「そとはま保育所」はじめ、弊社設計の計6作品が掲載されます。
こちらは大型書店さんで手にすることができますよ!


こうやって雑誌に取り上げて頂いて、
沢山の方の目に触れる機会を頂くのは嬉しい限りです。
工事に携わってくださった方、そして実際利用してくださっている方のおかげです。
ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。