和歌山と長野の建築事務所アトリエ・アースワークのスタッフブログ

和歌山と長野・安曇野の建築事務所。 「人・街・家族に優しい家づくり」を大切に活動しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいま実施設計中、和歌山の住宅のご紹介!

こんにちは!
今年は比較的過ごしやすい梅雨だなと思いきや、
今日は気温も湿気も悩ましい一日ですね。
夜には天候が荒れるとか…。

さて、今事務所では和歌山県で建設予定の住宅の実施設計真っ最中です!

模型はコチラ。
弊社としては珍しい、2階建てRC造(鉄筋コンクリート造)になります。
RCということで…もちろん一部コンクリート打ち放しにする予定です。
木造では出せない表情なので、仕上がりが楽しみです。
(弊社の作風としては木造が多いですが、RC造、鉄骨造も設計可能です。)

外観模型1

敷地は静かな住宅地。北側、西側に交通量の少ない前面道路をもつ、南北に縦長の形状です。
門扉を通り、アプローチをゆったりと歩いて玄関へ。


南側はコチラ。

外観模型2

現在の設計では一部形が変わっていますが、
南側からたっぷり採光を確保できる大きな掃出し窓を備えています。

ちらっと見えている二階部分にも、大きな開口と楽しげなバルコニーを用意しています。


今回はいつもとは違ったテイストの住宅になりそうです。
そのイメージを大切に、丁寧に設計していきたいと思います(^^)




スポンサーサイト

Looking for M、足場が外れました!

こんにちは。
暖かく感じる日も多くなり、春が近づいているのを感じますね。

さて、和歌山で工事中の住宅「Looking for M」の足場が外れ、
外観が見えるようになりました!

それがこちら☆

外観



濃いグレーの外壁が建物を引き締めています!
サッシのシルバーがアクセントになっていて、
シャープな印象の建物になりました。

もちろん中も順調に完成に向かっています(^^)
ボードが張られ、実際の部屋の大きさが感じられるようになってきました。

リビング



大工さんが頑張ってくださっています!

玄関



玄関の開口の様子。スッと通った飾り棚が主張しすぎず、いい感じです。
手がけにもなって、靴を脱いだり履く時にも重宝します。

TV棚ニッチ


ニッチも出来ています。
TVも壁に納めて、リビングをすっきり使うことが出来ます。
(大工道具の管理にも大活躍のようですね!)

階段踊場



1階から2階へ上がる階段の様子。
階段の先には大きな開口、そして山の緑が飛び込みます。
楽しくて、気持ちのよい階段になっています。

ーーーーーーーーーー
今日は現場にてお施主さまと内装の打ち合わせを終え、
完成イメージがどんどんクリアになってきました。

今月中に完成の予定です。
監督さん、職人さん、最後までどうぞよろしくお願いします!

和歌山の家「Looking for M」上棟式が行われました!



 2013年初エントリーです。
皆さまあけましておめでとうございます。
東京で大雪が記録されるなど、不安定な天候ですがいかがお過ごしでしょうか。


さて、事務所で新年最初の祭祀事、和歌山で工事中のお家の上棟式が行われました。
当日はお施主さまはじめ、ご両親やお姉さんのご家族一同がお集り下さり、
沢山の人が見守る中骨組みが立ち上がってきました。

基礎が立ち上がった時点では
「狭いかな…」
と心配なさっていたお施主さまですが、
立体的に立ち上がってくる姿をみて、「充分!」と満足して頂けました(^^)

社長、監督さんはじめ、棟梁、工事に関わってくださっているすべての職人さん達のおかげで
無事に棟上げすることができ、
事故なく上棟式を迎えることができました。
この度は本当におめでとうございます。



このお家には、お客さんが「わぁっ」と驚くような、
お施主さまこだわりの仕掛けが詰まっています。
その"仕掛け"を楽しんでもらえるよう、お家には「Looking for M」("M"を探せ!)
と名付けました。
遊び心が感じられる名前でしょう??
お施主さまにも気に入ってもらえました(^^)

さあ、これからどんどん形になってゆきます!
私たちもここでまた気持ちを引き締めていきたいと思います。
最後まで安全第一に、工事をよろしくお願い致します。


----------------------------------------------------------------

過去の実作はアトリエ・アースワークのHPからご覧頂けますので
こちらもどうぞ。

JUGEMテーマ:住宅設計

住宅のスタディをしています。

 今年も残すところあと10日!
一年が過ぎるのがあっという間で、驚いてしまいます。


さて、昨日はお施主さまとの打ち合わせで、
第一回目のご提案をさせて頂きました。

どんな案がでてくるんだろう…と、ドキドキしていらっしゃったと思います。
私たちも喜んで頂けるか…と、いつもドキドキしてお待ちしています。

打ち合わせの中で、
どうやってプランを考えていくのか?というご質問を頂きました。
以前お伺いした暮らしのイメージ、ご要望、今の暮らしのお話から、
ピッタリの案が生まれているのが驚きです、との
有り難いお言葉。

確かにプランが出来上がるまで、
どんなプロセスで考えられているかちょっと不思議かもしれません。
そこで完成までのスケッチを抜粋してご紹介します!


-------------------------------------



はじめは手を動かし、敷地の様子、方位を確認しながら
大きくゾーニングして行きます。
車の入り方、LDK、水廻りをどこに配置するか…庭との関係性は…
建物の配置を各室の位置関係をとらえて行きます。



大きな方向性が決まれば、スケールをつかんでいきます。
また、その中でプランの“気づき”を書き込んで、
よい所や工夫すべき所を確認。
また、この段階で建物の顔となるファサードもイメージしていきます。



アプローチからの見え方、
前面道路からの見え方、
全体像。
どこに植栽を配置するかも考えます。

------------------------------------

このようなスケッチを何度も繰り返し、
プランと形を納めていきます。
そして模型をつくり、実際の見え方やボリュームの検討へ。



ここまでの気づきを生かし、
もう一案二案…と、考えは繋がって行きます。



お施主さまにとっては一生ものの家づくり。
納得のいくものになるよう、お手伝いができればと思っています。

基本計画を進めています!

みなさまこんにちは。
和歌山にいると雪はなかなか見られませんが、
安曇野では先日5cmくらいの積雪があったそうです。


さて先日事務所では、お施主さまへ第一回目のプレゼンテーションを
させて頂きました。

ご要望をお伺いし、
敷地を調査させて頂いて、
基本計画スタート。

今回はタイプの異なる2案をご提案させて頂きました。

模型はこんな感じです。
こちらは白くシャープなイメージの案。


もう1つは昭和モダンなイメージで。


この模型は1/100サイズですが、
人形の目線でのぞくと、実際の建物と同じ見え方がします。
窓越しに木々がそよいでいたり、
路地の先に光溜まりができていたり…。

どちらの案もお施主さまに喜んで頂くことができ、
「両方建てたい!」とのありがたいお言葉。
特にお子さんには「ただいま~」「トコトコ」と、
早速暮らしをイメージして楽しく遊んでいただきました。笑
目線が低いからか、模型を見るのがとても上手でした!



実作はアトリエ・アースワークのHPからご覧頂けますので
こちらもどうぞ。

JUGEMテーマ:住宅

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。