和歌山と長野の建築事務所アトリエ・アースワークのスタッフブログ

和歌山と長野・安曇野の建築事務所。 「人・街・家族に優しい家づくり」を大切に活動しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「建築ジャーナル5月号」&「鉄鋼技術5月号」が届きました!

こんにちは!
今日和歌山は一日中雨が降り、寒かったりとパッとしないお天気です。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。


さて、今日事務所には鋼構造出版さまより「鉄鋼技術5月号」が届きました!
実はこの誌面、シリーズ「鉄のデザイン+α」の中で、
弊社設計の「有田市立そとはま保育所」がなんと11ページ(!!)に渡り取り上げて頂いております。

このページ数を見た時は、スタッフも驚きました(^^;)

このシリーズは一つの建物に対して
意匠設計者、構造設計者、施工者がそれぞれの立場から執筆したもの。
専門的な内容ですが、とても中身が濃く、
保育所への熱い思いがぎゅっと凝縮されています。

残念ながら「鉄鋼技術」は定期購読のみの販売になりますので、
一般の書店に並ぶ事はありませんが、
専門の方で購読されている方がいらっしゃれば、どうぞご覧下さい。


また、明日(5月1日)発売の「建築ジャーナル5月号」にも
「そとはま保育所」はじめ、弊社設計の計6作品が掲載されます。
こちらは大型書店さんで手にすることができますよ!


こうやって雑誌に取り上げて頂いて、
沢山の方の目に触れる機会を頂くのは嬉しい限りです。
工事に携わってくださった方、そして実際利用してくださっている方のおかげです。
ありがとうございます。

スポンサーサイト

スズムシ荘をご紹介!

こんにちは、スタッフMです。

新年度が始まりみなさんお忙しいことと思います。
今日は少し寒いですから…こんな時こそ体調にお気をつけくださいね!
さて今日は先月竣工した長野県の住宅「スズムシ荘」をすこしご紹介致します。

スズムシ荘_外観

まずは外観。前面道路からは三角屋根がすーっと伸びる形状です。
ほぼ平屋建ての構成で、屋根の一番高いところだけ2階を設けています。

スズムシ荘_軒

アプローチの階段を上ると右手にお玄関。
軒がアールになっているのがおわかりでしょうか??
外観を見てもこの部分に影が落ちていて、アクセントになっています。

スズムシ荘_1階を見る

これは階段の吹き抜け部分からリビングを見たところ。
写真ではセブンチェアが並んでいますが、こちらにはイージーチェアが並ぶ予定。
あまりテレビを見ないということで、
リビングでは暖炉に向かって、
火と景色を眺めながらゆっくりと過ごされます。


照明選びは今回の建築の一つのポイントでもありました。
北欧のデザインを好まれるお施主様ですので
空間のイメージと照らし合わせながら
何度も打ち合わせをし、慎重に家具や照明を選んで行きました。
その甲斐あってか
この吹き抜けに備えたartek社の照明のように、
シンプルな空間に照明でポイントを加える構成がとても良い形で実現できました。
先月行われたオープンハウスでも良い評判を頂きました。


ちなみにオープンハウスで一番人気だった照明はこちら!

スズムシ荘_ダイニング用ペンダントライト

こちらはルイス・ポールセン社のペンダントライト。
右側にちょっとだけ映っているのはキッチンです。
今はありませんが、この照明の下にはダイニングテーブルが来て、食事の時間を演出してくれます。
ポップな色使いが女性のお客さまたちに大好評でした。


私たちは器となる建物だけでなく、
照明や家具といった生活に必要な様々な要素たちも
お施主様と一緒に楽しんで考えていけたらなあと思っています。
弊社HPではまだまだ内容が少ないですが、
「いいな」と思っているモノやこと、それから人を紹介するコラムページを作っていますので、
よければこちらも覗いていってください(^^)
アトリエ・アースワーク/コラムページ

それでは。

「新建築」に「有田市立そとはま保育所」が掲載されました!

こんにちは。
今日から新年度の始まりですね!
本日を境に、新たな環境に身を置かれる方も多いのではないでしょうか。

私たちも昨年度に工事を進めていた住宅2件のオープンハウスを終え、
区切りの時期にもなりました。

そして4月1日の今日「新建築4月号」が発売です!
こちらには私たちが設計監理を担当しました「有田市立そとはま保育所」が掲載されています。

新建築4月号

「新建築」は1925年から続く伝統ある日本の建築デザイン専門月刊誌。
こちらに掲載して頂いた事は大変名誉なことだと実感するとともに、
この建築を実現させてくださった市の方々、
施工して下さった保田組さんはじめ、
設計、工事に関わってくださったすべての方々に感謝です。

今月の特集は「共に育つ場のデザイン」ということで計17題の保育施設が紹介されています。
魅力的な建築が沢山紹介されており、
読み応えのある雑誌ですので、ぜひご覧下さい!

そとはま保育所については弊社HPのWORKS内よりご覧頂くことができますので、
どうぞこちらもチェックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。